皮脂の分泌とともに、テカリや化粧崩れなどさまざまな悩みを引き起こす毛穴の開き。ここでは毛穴が開いてしまう原因(毛穴が目立ってしまう原因)をまとめてみました。

1.皮脂の酸化

毛穴から肌表面に出てきた皮脂は、空気に触れることで酸化します。リンゴが変色したり釘が錆びたりすることからわかるように、酸化は物質に悪影響を及ぼします。

特に人間の場合は老化現象にもつながると言われ、お肌にとってもよくありません。細胞の機能を低下させるため、毛穴の開きも目立ってしまうことに繋がるようです。

2.加齢

これは、いわゆるたるみ毛穴ですね。お肌の奥、真皮に存在するコラーゲンなどの弾力物質が衰えて、毛穴もろともお肌をたるませます。

加齢とともに、お肌が重力に逆らえない状態ってことでしょうか。

3.生活習慣の乱れ

かたよった食事や睡眠不足など、体の内側からのケアがおろそかになると、お肌にも影響が現れます。当然、毛穴の開きにも関係してきますね。

あと、けっこう大きな要因なのが喫煙。喫煙してるなら美肌はあきらめろと言われるくらいで、細胞の老化を招き毛穴を開かせます。

4.誤ったスキンケア

洗顔や毛穴パックのしすぎなど、誤ったスキンケアは毛穴を開かせます。大抵は皮脂や角栓を取り過ぎることで、逆に皮脂過剰を招くことが多いですね。

今はネット上で、個人がいろんなスキンケア方法を発信していますが、中には間違った情報もあるので要注意です。

5.遺伝

ここまでいろんなことを書いてきてあれですが^ ^;実は毛穴の大きさというのは生まれつき個人差があるそうです。

つまり、もともと大きいサイズの人は、普通の人よりも目立つのは当然なのです。

以上が、毛穴が開いてしまう原因5つになります。

人間、歳をとるのはどうしたって避けられませんが、少しでも肌老化を遅らせることはできるはず。できると思いたい。できたらいいな^ ^;